「人生の羅針盤」をエイジング・プラン・ノート(R)でつくろう

「人生の羅針盤」をエイジング・プラン・ノート®でつくろう

「充実した人生をまっとうする」について、私の考え

人生最後の一日、あなたはどこで誰とどんな風に過ごしていると思いますか?そしてその時、あなたは自分の人生をどんな言葉で語りますか?私はきっと「充実した人生だった。楽しかった」と言えましょう。そして出来れば、私のまわりに集まった人々が「あなたに出合えて良かった」と言ってくれたら、これほど幸せなことはありません。
サニー・ハンセンは「総合的人生設計論」の中で「4つのLがバランス良く組み合わさってこそ意味ある人生になる」と言っています。4つのLとは Labor/Learning/Leisure/Loveです。個人・家庭・組織・社会の各レベルで自分はどう生きたいのか、自分が望む役割は何かを模索し、この4つのLをパッチワークのように配置することで、充実した私らしい人生を紡いでいきたいと思っています。

石田 晃子石田 晃子 (いしだ てるこ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
<<.「生涯現役」「元気で働けるうちは働く」について、私の考え | 「生涯現役」「元気で働けるうちは働く」について、私の考え >>

カレンダー

<< 2019年 8月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ